Profile
運勢カレンダー
">
公式HP
子育て親育ちblog
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>
New Entries
命式の算出

 生年月日を
 半角数字で入力して下さい
 (一桁の数字は”06”とせずに
 ”6”と入力してください)




Category
Recommend
Recent Comment
Archives
Links
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
天将星の時代
天将星は、エネルギーでいうと12点です。
天将星は、頭領の時代ですから、自信家で我欲の強い星です。
大変強いエネルギーですから、その力を発揮できれば、仕事の世界などで
大きな活躍ができますが、消化できないとケガや病気、また、
家族や身内に迷惑をかけたりすることもあります。

この星が壮年期にあると、平凡ではない生き方を歩むでしょう。
いいかえれば、過保護にされたり平凡な生き方をすると、迷いが多く満足感が得られず、
良さを発揮できません。
頑固で自我も強く、リーダーシップがあり、サラリーマンには向きません。
波乱を通じて成功を収めるので、困難や壁を乗り越えることで運を上げます。
孤独に強くなることが成功の条件です。

★天将星が青年期にある人は、人に頼りにされるリーダータイプの子供で、
若いときに現実苦(家庭環境が厳しいなど)に合いやすいです。
けれど、そんな環境の中でこそ本領発揮できます。
スポーツなどで消化することも良いでしょう。
過保護に育つと、病弱になったり神経質になります。

晩年期にある人は、年老いてもエネルギーは衰えずリーダーとして活躍できます。
けれど、エネルギーは強くても肉体的には衰えるので、自分の力をしっかりと
把握することが必要ですね。
概ね長寿の人が多いです。

宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天将星が中殺されると、その意味は反転します。

エネルギーは強いのに、その発散場所が見つけ難くなります。
目標が変わりやすく迷いも出て、肝心なところで気が弱くなったりします。
飽きっぽい性格となり、全てが中途半端に終わってしまうことが多いです。
いかに平常心を保つかということが課題で、ひとつのことに注力できると
運気は上昇します。


人生を大きく3つの時代にわけて、星からその概略をみてきました。
ただ、3つの12従星は、その時代だけ稼動するのではなく、
みな影響しあうのです。
また、星に良し悪しはありません。
星の良さを知り、活かしてくださいね。



posted by: pmako55 | 十二天星 | 08:24 | comments(13) | - | - | - |
天禄星の時代
天禄星は、エネルギーでいうと11点です。
天禄星は、壮年の時代ですから、堅実で慎重、安定が第一と考える保守的な星です。
自分で自分の力量を心得ているので、不言実行型ともいえます。
観察力・批判力を持っていて、集団の中ではトップの補佐役になれます。
安全確実を第一とするので、医学や薬学の分野に進むのも向いていますね。

この星が壮年期にあると、落ち着いた常識人となり、安定した人生を歩みます。
堅実で用心深く、危険なことはせずに、そのときの体制をしっかりみながら、
淡々と進む人になるでしょう。
逆に目先のことには弱いので、環境や人間関係の急激な変化はおこさないほうが
良いでしょうね。

★天禄星が青年期にある人は、子供のころから大人の目を持っていて、
用心深くしっかりしています。
安定が第一なので、成功より失敗を避ける傾向がありますね。
観察力は鋭いので、身のまわり人を冷静に評価します。
職人肌のところがあり、一芸に秀でる人が多いです。

晩年期にある人は、安定したおちついた晩年を送ることができます。
身内や家族を守る力量は凄いのですが、こと他人に対しては奉仕の精神が
なくなることもあります。
堅実な老後を心がけた結果、経済的に困窮することはないでしょう。

宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天禄星が中殺されると、その意味は反転します。

慎重さが反転し、大胆な行動にでたり、せわしなく多忙な人生になります。
一発勝負に出て大きな落ち込みを経験したり、信じていた人に裏切られたり、
などの経験をしたりしますが、若いときの苦労を逃げずに受け止めると、
将来大物になる可能性も含まれています。
瞬発力はすぐれているので、物事を広い視点でみることを心がけると良いでしょう。

posted by: pmako55 | 十二天星 | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
天貴星の時代
天貴星は、エネルギーでいうと9点です。
天貴星は、幼児の時代ですから、素直で正直で、本音と建前を使い分けるような術は
持っていません。
好奇心も強いので、良く学び、中途半端なものは好みません。
プライドも高いのですが、子供っぽい一面を持ちます。

この星が壮年期にあると、常に前向きの気持ちで進んでいく、真面目な人
になります。努力家で、やろうと思ったことはできてしまう優れた力があります。
ただ、おだてに弱く騙されやすいところがあるので気をつけましょう。
また、自己顕示欲が強く、大人気ないところがあり、精神面での弱さが残るので、
よき指導者にめぐり合えると良いでしょう。
長男長女の星で、親の面倒を見る立場になる人が多いです。


★天貴星が青年期にある人は、子供らしく素直で、親や先生の言うことをよく聞く
子供らしい子供になるでしょう。
ひねくれたり大人びたりすることもないのですが、過保護に育てられると
わがままで生意気な子供になってしまうので注意が必要です。

晩年期にある人は、年老いても若さを失わず、いつまでも夢多い気の若い人になります。
プライドも高くオシャレで自意識が高いのですが、体は衰えているので、
アンバランスになります。
晩年は配偶者の力に頼れる運があるので、しっかりした人と結婚しましょう(笑)

宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天貴星が中殺されると、その意味は反転します。

子供のエネルギーが反転して、若いときから大人のような考え方をします。
子供時代では、家族の問題で苦労し、親や兄弟との縁が薄くなることもあります。
感受性は豊かで、芸術や文学方面で才能があり、若い時から技芸に専念すると、
その道の専門家になることも可能です。
ただ、感性が鋭すぎて、感情的になることもあるので、
そんな時は静かな環境に身をおくなどすると良いでしょう。


posted by: pmako55 | 十二天星 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
天堂星の時代
天堂星は、エネルギーでいうと8点です。
天堂星は、老人の時代ですから、現実面での行動力は多少落ちます。
が、表に出るのではなく、智恵や知性によって補佐役となって集団を
コントロールできるような力をもっています。
派手なことは好まず、落ち着いたムードを持っていて、悟りを感じさせるでしょう。

この星が壮年期にあると、無理のない手堅い生き方になります。
慎重で守りの姿勢が強く、何事も任せて安心な人となりますが、迫力にはかけます。
物事の後始末や処理能力は高く、一歩下がったところの良さがありますから、
補佐役的なものが星を活かします。
人を諭したり説教をするような傾向があるので、過ぎないように(笑)

★天堂星が青年期にある人は、若くから老成した一面を持っていて、
引っ込み思案で、自分から出すぎたことをしない人となります。
行儀は良く、大人受けのする子供になりますが、同年代には理解を得られなかったり、
内面で考えることをあまり表に出さないため、孤独な一面を持ちます。

晩年期にある人は、年寄りらしい年寄りになります。
出過ぎることもなく、力まず自然体で、常識的な人格者になります。
孫や親戚などにも囲まれて、安定した老後を送れるでしょう。

宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天堂星が中殺されると、その意味は反転します。

老人の地味さが反転し、天真爛漫で子供っぽさが抜けない人になります。
現実生活は安定していても、精神がアンバランスで、
ひとつのことを成し遂げたりしにくいでしょう。
精神性を高めることが一番重要ですね。

ただ受身で善良な性格なので、人には好かれやすいです。


posted by: pmako55 | 十二天星 | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
天恍星の時代
天恍星は、エネルギーでいうと7点です。
天恍星は、少年少女の時代ですから、夢やロマンにエネルギーが向かう星ですね。
反発と甘えが同居した内面のため、寂しがりやなのに強がったりします。
夢と希望に向かって生地生家を飛び出すので、離郷運とも言われます。

この星が壮年期にあると、中年にあっても少年少女のように希望に燃え、
ロマンティストで仕事にも家庭にも夢を求める人となります。
ただ、気持ちが青年のように現実離れしていて、夢の世界に浸りきってしまい、
周囲の批判を浴びることもあります。
「芸能人の星」とも言われるほど華やかな星ですが、運勢の波は荒いですね。
この時代の天恍星は色気が多いです。特に既婚者は気をつけましょう(笑)

★天恍星が青年期にある人は、おしゃれで華やかなイメージがあり、大人びています。
大きな夢やロマンに向かって行動し、若い時から親元を離れ自立します。
そこに寂しさがありますが、それを悟られまいとして背伸びしたり、
明るく振舞ったりします。
色気づくのも早く早熟かまじめかのどちらかに偏ります。

晩年期にある人は、老け込まない若々しいお年寄りになります。
老いても夢を追いかけたり、恋をしたり、華やかな晩年を過ごします。
また、年下から好かれたり慕われたりします。

宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天恍星が中殺されると、その意味は変わってきます。

夢に向かって進むのですが、望んでいることとは別の方向に進んでしまい、
変化の多い人生になりがちです。
人間的にはお人好しで誰にでも合わせられるので、人からは好かれやすいです。

若い時は、夢を実現しようと動き出したとたんに出鼻をくじかれることが多いので、
スタートを慎重にしたほうがいいでしょうね。
中年期には安定してきますが、女性問題を起こすと運気も低迷するので
注意が必要です。



posted by: pmako55 | 十二天星 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
天印星の時代
天印星は、エネルギーでいうと6点です。
天印星は、赤ちゃんの時代ですから、人に好かれるかわいい星ですね。
赤ちゃんは自力では何もできないのに、人をひきつける引力は強いです。
ですから、無力の強さを内在しています。

この星が壮年期にあると、すべてに対して受身の姿勢であり、
また養子的な立場をとる場合もあります。
どことなく幼児性があり、無邪気な面を持っていて、何かにつけて人に助けられたり、
思わぬ財や幸運を得ることが多いです。ただ、苦労知らずだと浪費してしまいます。
また、自分の強い意志や姿勢をみせているつもりでも、いつの間にか
他人の意見に動かされたり、八方美人的に動いてしまいます。
人の話に簡単にはのらず、まず自分で決断する努力は必要でしょう。

★天印星が青年期にある人は、素直で純真な子供時代を過ごすでしょう。
ユーモアがあって人を惹きつける受身の社交性で、何をやっても許される人徳があり、
周囲の人に大変可愛がられます。
また、この星には養子という意味があり、この時代に養子にいくとうこともあります。
女性の場合は、養子をもらうという暗示もあります。

晩年期にある人は、周りに逆らうようなことのない生き方になります。
受身で無邪気なお年寄りで、手のかかるところはあるものの憎めない雰囲気があり、
年少者が周りにいて世話をやいてくれたりと、孤独にはなりません。

宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天印星が中殺されると、その意味は反転します。

若い時は老成していて、妙に醒めたところがあります。
また、中年期においても、働き盛りであっても隠居しているような雰囲気になり、
年寄りのような地味さと慎重さを持ちます。
どちらかというと、転居転職が多く落ち着いた人生は送りがたいです。
無理をしないで、淡々と生きていけると魅力が増しますね。
親縁が薄くなり、結婚してからは配偶者の親との縁が出来やすいです。

更新がかなり滞っています。。。汗。。。
何かとすることがたくさんあって、ばたばたですが、
私の天中殺月は8・9月ですので、無理をせずゆっくりと、過ごすよう心がけます。

大阪も梅雨が空け、夏本番!
皆さん、お体ご自愛下さいね。



posted by: pmako55 | 十二天星 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
天庫星の時代
天庫星は、エネルギーでいうと5点です。
天庫星は入墓の状態ですから、すでに肉体はなく魂は元の世界へと帰る準備をしている
時代となります。
そのため、精神的な世界へのこだわりがきつくなり、凝り性や探究心の強い
性分となります。また、奉仕的な性質も持っていますね。

この星が壮年期にあると、仕事でも趣味でも1つのことを徹底的に追求する
ような生き方になります。
嫌なものは嫌だとはっきりとしていて、人に感情を押し付けられるのを好みません。
1つの事柄を徹底的に掘り下げることに向いているので、
学問(研究者など)や芸の道にも向いています。
また、家とのつながりが深く、墓守の星=長男・長女的役割をします。
奉仕の星ですから、世のため人のためといった生き方が良いでしょうね。

★天庫星が青年期にある人は、子供の時から粘り強く、正直で一本気です。
どこまでも自分の世界にこだわるので、子供時代に打ち込んだものは、
将来役にたつことになるでしょう。
若いうちから、親の面倒を見たりするなど、長男長女的な役割をします。

晩年期にある人は、物事に対するこだわりが一段と増し、頑固な人になるでしょう。
また、奉仕精神も強くなり、家族のまとめ役をしたり、一家の中心的な
人になっていくでしょう。


宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天庫星が中殺されると、その意味は強まります。

凝り性的な部分は加速し、熱中するとどこまでものめりこみますが、
中途半端で挫折しやすいです。
子供の頃から親に心配をかけるような不安定さがあり、心を鍛えないと
不安定な人生になりやすいので、学問や精神的な学びが必要ですね。
また、中年期には批判力が強くなるので注意が必要です。
どちらかというと、流動的な環境のほうが良いでしょう。

posted by: pmako55 | 十二天星 | 07:18 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
天胡星の時代
天胡星は、エネルギーでいうと4点です。
天胡星は病人の状態ですから、現実面での対応力は低くなりますが、
その分感性や知性が働き、直観力のある星です。

この星が壮年期にあると、人生が途中で変化しやすいことがあります。
何かのきっかけで、生まれ変わったような変身をするんですね。
直感力があるのですが、周りとは違う発想があるために、歩調があいにくかったり、
現実と思うことのギャップがあったりします。

けれど、芸術性に高く、新しい発想を生み出す能力があり、
企画・構成や、クリエイティブな仕事に向いています。

現実的なエネルギーが弱いとはいえ、この天胡星を持っている人は、
自分を鞭打ってまでがんばるところがあります。
ストレスが大きくなることがあるので、健康には注意ですね。

★天胡星が青年期にある人は、子供時代にあまり体が丈夫ではないでしょう。
けれど、豊かな感受性があり、音楽や芸術ではとても優れています。
直感やひらめきが鋭く、大変なロマンチストな人です。

晩年期にある人は、精神的な世界に向かう人となります。
感性が豊かで、芸術的な才能もありますが、精神は若くても、
肉体は衰えていくので、そのギャップに苦しむこともありそうです。
子供や孫など、年下から助けられる運を持っています。

宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天胡星が中殺されると、その意味は強まります。

直感力がますます冴えて、霊的な勘が働き、
かなり不安定な精神を抱えることになります。
性格面ではとても良い子で、誰かの指示の元で動くと見事ですが、
主体性に欠け、自分で決断するとなると迷いが多くなります。

おもしろさにはかけますが、とても純粋で真面目な人ですね。

天胡星は現実的エネルギーが低いといいますが、
スポーツ選手でこの星を持つ人は多いんですね。
浅田真央さんや、北島康介さん、野球選手にも多いです。
また、音楽的感性は抜群に良いともいわれます。


posted by: pmako55 | 十二天星 | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
天報星の時代
天報星は、エネルギーでいうと3点です。
天報星は胎児の状態ですから、先のことに関しては未知数であり、
どのようにでも変化していく星です。
そこから、変転変化・多芸多才・器用貧乏・お天気やさんという意味になるんですね。

この星が壮年期にあると、人生の変転変化が激しく、生活は安定しにくいです。
一度にいくつものことができるのですが、かえってひとつに定まりにくく、
他に目移りするので、職業や住居が変わりやすいですね。

また、急変によって思わぬ幸運を掴んだり、不運に陥ったりします。
竜巻運とも呼ばれ、上がりすぎるとエネルギーが持たなくなり、
いずれストンと落ちます。
が、そこから今までと全く違ったことを始めたりと、
中年期に「生まれ変わる」ことがあります。

現実面は弱いですが、精神力は十分にあり機敏に行動できる人です。
行動する前に、よく考えることが大切ですね。

★天報星が青年期にある人は、子供時代に親の影響を受けやすいです。
お天気やさんですが、本人は意識がありません。
多芸多才で何でもこなすことはできますが、一つのことに絞りきれません。
が、どんなものでも受け入れ、苦労をものともしない感性があります。

晩年期にある人は、生涯現役の強い精神エネルギーがあるので、
忙しい晩年になります。
年老いても夢を追いかけるようなパワーがでるので、周りを巻きこんで変転変化します。
そのため、家庭運と仕事運がアンバランスになることもあります。

宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天報星が中殺されると、その意味は強まります。

多芸多才でエネルギーの回転が早くなり、コントロールがしにくいです。
落ち着きがなく、また我が強くなり、悪気がなくても結果的には、
周りに迷惑をかけることになってしまいがちです。
何か絞って打ち込むものを見つけると安定します。

中年期には、組織や団体で周りから押し上げられてリーダーになったりして、
気苦労が増えます。

長男は青年期に天報星をもち、中殺されています。
確かに、なぜか彼には振り回されます。
時々に家に帰ってくると、台風のようです(笑)

けれど、そういう私もたいがい自分勝手に生きて、周りを振り回すタイプですから、
人のことは言えません。

一番影響を受けているのは、同居している私の母でしょうね(爆)
posted by: pmako55 | 十二天星 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
天極星の時代
天極星は、エネルギーでいうと2点です。
天極星は、肉体はすでに無く、精神だけが残っている状態の星ですので、
どのようなこともありのまま受け入れる悟りを持ち、一種の霊感が働きます。

この星が壮年期にあると、天馳星と同じように波乱含みとなる可能性は大きいです。
女性の場合は、中年期に家庭や仕事での大きな変化が起こりやすいです。
ただ、独身の場合や、子供が女子ばかりの場合はその影響は小さいでしょう。
男性の場合は、仕事に変化が起こりやすいですね。

自然に逆らわないで行きようとするので、環境の影響を受けやすく、
あまりハードな環境では苦労するでしょう。
人に好かれやすく、何かと人に助けられたり巻き込まれたりします。

天馳星と同じように一度大きな失敗や落ち込みがありますが、そこから運が上昇します。
中途半端な落ち込みよりも大きな落ち込みのほうがその後の上昇は大きいでしょう。

★天極星が青年期にある人は、
純粋で無欲でどんな人とも差別なくつきあうことができます。
壮年期と同じく、受身なのでハードな環境は苦労が増えます。
手先が器用で技術を身につけやすいですね。

晩年期にある人は、穏やかでお人好しな老人となるでしょう。
天性のさとりの持ち主なので、自然のままに生きられます。

宿命中殺を持つ人は、壮年期の星が中殺されます。
宿命中殺を持つ人は、青年期の星が中殺されます。

天極星が中殺されると、その意味は強まります。

感受性の強さが増し、強い霊感を持つことがあります。
どろどろした現実社会への対応はできにくく、芸術・宗教などの精神世界
のほうが生きやすいでしょう。
絵画・音楽・文学などでは、その豊かな感受性が活かされます。

素直で純粋ですが、挫折に弱く、地に足をつけた生き方が大切です。


私は、晩年期に天極星を持ちます。
確かに、天極星を持つ人は、一種の悟りを持っている人が多いですね。
生きてるだけで御の字やん!とか、なるようになるから。。。。とか(笑)

でも、時には、「なんでそんなに悟ったような顔してられるの!!」
とお叱りを受けたことも少なくなく、本人としては説明のしようが無い
っていうのが本当のところですね。
posted by: pmako55 | 十二天星 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |